=========H.14年6月発行================================================

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇
◇  不況に打ち勝つ商法  ◆
◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇

======================================================================
http://www8.ocn.ne.jp/~moon21 moon2001@alto.ocn.ne.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


▼景品を差し上げるのにも遊び心が必要。たとえばお店にきているお客様で、Tシャツを
着ている人だけにカンコーラをプレゼントするとか。地域の名産品、たとえばメロンので
きる所なら、地図にメロンを扱っている八百屋やスーパー、飲食店、宿泊施設をのせて、
配りましょう。埼玉県などに「猪豚」を飼育しているところがあります。豚汁めずらしく
ないので「猪豚」を作ってごちそうしそうしましょう。

▼携帯電話からインターネットにアクセスできるようにし、市内・近郊の観光地やイベン
トの情報を入手できるようにするのも現代的です。

▼このような不景気なので勇気を与えあうことも必要です。異なった商店の人が集まって
自分の商売の楽しさを発表しあうことも時には必要だと思います。福袋は何も正月だけと
は限らないので、自分の店ならではの商品の入った福袋を作って売りましょう。

▼船大工さんなどは伝統文化を体現する人です。鰯船などをなどを作ってもらいお店に飾
りましょう。山車などを作る大工さんも同じです。

▼その地方の特産品を真空パックにして売りましょう。焼イモ、鯉のうま煮などを真空パ
ックにしている所もありますが、独自なものを生産者と提携して売ってみては、まだまだ
未開拓の分野だと思いますよ。

▼十代の少女たちに、ゴシックアンドロリータが流行っています。黒がベースで、吸血鬼
の衣装とフランス人形の衣装とを足して2で割ったようなものです。商品には物語がない
と駄目といわせるようにこの「ゴスロリ」には三原ミツカズ氏の漫画や嶽本野ばら氏の小
説が背景にあります。老舗商店なら昔の店やまわりの風景民族風習などを手作りのかわら
版にのせくばってみましょう。

▼県内には異競技のスポーツチームがあります。県庁などでたずねるといいでしょう。こ
れらチームに来てもらって、異種チームはいくつあるか、チーム名はいくつか知っている
かなどのクイズ大会を開きましょう。南京玉すだれや、バナナのたたき売りはイベントの
定番です。東京に派遣会社があります。

▼春は山菜、秋はキノコを山でつみ、料理して味わう会があります。バスツアーを企画し
てみては?情報は県庁生涯学習科などにあります。

▼バードウォチングはポピュラーで方々にあります。写真展を開いてみては?緑が萌える
季節。県民の森などで、ハンモックをセットし、ブランコを取り付け、さらに、テーブル
とイスとコーヒー沸かし器などを持っていって自然を眺めながらの、オープンカフェを開
くのはいかが。

▼自分のお店のキャラクターを考えましょう。鹿島市のプリントショップ「魔女」の松本
社長はかわいい魔女のイラストを描き名詞や看板にのせています。マスコットですね。商
品には物語性が欠かせないののです。

▼喫茶店なら、たまには日傘やヒモウセンなどでムードを出し、琴の音の中、抹茶や草ダ
ンゴを出すのもいいのでは。

▼客寄せに昔なつかしい紙芝居なども検討されてみてはいいのでは。自分たちのお店の有
る通りに名前をつけましょう。鹿島市なら卜伝通り、防人通り、鎌足通り、ジーコ通りなど。

▼マグロの解体ショーをやってみては。上野のアメ横でよくやっていますね。刺身にして
「いくらいくらだ」とたたき売るのです。

▼命日には献花式をやりますね。鹿嶋市なら鎌足の命日、卜伝の命日に講堂などでやって
みてはどうでしょう。

    ))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))

              飲 食 店 編

    )))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))))

▼カラクリ人形を店の前に飾りましょう。きっと名物になることでしょう。店が「タヌキ
」なら腹づつみを打つタヌキを。

▼鹿嶋なら「防人定食」など歴史を感じさせるメニューを考えましょう。商品には物語の
裏づけが必要なのです。防人は九州の対馬で何を食べていたかわかりませんが、対馬の文
献を調べ、現代的にアレンジすること。

▼飛行機の機内食は、コンパクトにまとめられていますが、メインディシュやデザートな
ど本格的です。この機内食を店に出しましょう。ファーストフードみたいですが、洋酒と
合うことでしょう。

▼大型のTVを設置して、ビールを飲みながらプロ野球を観戦できるようにしたらどうでし
ょう。本塁打を打って乾杯が始まるかも。

▼店のテーマソングのCDを作るところは沢山あります。販売してもいいですね。

▼アジアには屋台料理店がいろいろあります。台北、タイなどへ行くと沢山の屋台が出て
います。これらの料理を研究してメニューに入れましょう。

▼東京などには立ち飲みの店があります、なにより経済的、飲むだけならおすすめ。串カ
ツなども出しましょう。

▼日本酒といっても全国各地にいろいろあります。品揃えを豊富に。大皿に手荒く盛りつ
けた漁師の手作り料理などもいいですね。

▼ミュージシャンに協力してもらい、ゆったりくつろげるバックミュージックを流し、外
国の例えば中華ならチャイナドレスを着たウェイトレスをおきましょう。内装もデザイナ
ーの力を借りましょう。

▼一人でゆっくりと飲める店ってあまりないですよね。料理も二〜三人分だったりして、
一人用の鍋なども検討しましょう。

▼店のつくりを仕事とする商業施工士に、商空間を考えてもらい、販売施設や装飾、ディ
スプレーを頼んでは。連絡先=商業施設技術者・団体連合会(TEL03・3453・8103)

▼ビールも苦くて重い、昔のものが流行りつつあります。キリンビールの「ラガー」の昔
のもの「クラシックラガー」が売れてきています。

▼店に大鍋をもち込んで、イモ煮を開いてみては。やすいと案外うけるかも。

▼店の外装を考えるのなら、蔵の形をしたものや、江戸時代の酒蔵の形をしたものにする
のも一案。