小説の茨城  茨城をテーマまたは舞台にした小説集です。小説
 の舞台は、霊峰筑波、徳川光圀公の本拠であった
 水戸、東国の武神を祭った大社を持つ鹿嶋など。
 矢作幸雄
 
内      要

 現在最も怖られている通り魔。その通り魔の
 被害者の家族が政府や官権の手ぬるさを怒り、
 自らの手で通り魔に向かう波乱の物語。
 

 
抱      負

 いろいろと書きますが、第一回は左のような
 作品を考えています。武器を持たぬ鹿島の事。
 触れ身を処した秘技。現代の哀しみを超えよ
 うとする若者を画き、あなたの共感を呼ぶ。