小説の茨城  茨城をテーマまたは舞台にした小説集です。小説
 の舞台は、霊峰筑波、徳川光圀公の本拠であった
 水戸、東国の武神を祭った大社を持つ鹿嶋など。
『忘憂珍文館』−短編評論集−
 「少子化対策として婚外子をみとめよ」
  星  聖 夜
 
『小説茨城』は企業の広告によって運営されております。トップページ下の各店舗にも是非お立ち寄りください。

今の民法では親族という部分に非摘出子の定義がある。これは夫婦が離婚したり、内縁関係にあるといった場合に子供が生まれると母親のものとなって子供は母親の姓を名乗ることになる(民法790条)。母親の籍に入るということ(戸籍法18条2項)である。
これでは父親から養育費を受け取ることができなくなる。子を産んだ母親はアルバイトをして子を育て上げなくてはならない。これで゜は結婚していないと子供をつくることはなくなる。
 であるから、結婚していなくても子供が生まれれば父親は養育費を払うようにすればいいだろう。
  
  2002 (C) Copyright by Office21. All rights reserved.