小説の茨城  茨城をテーマまたは舞台にした小説集です。小説
 の舞台は、霊峰筑波、徳川光圀公の本拠であった
 水戸、東国の武神を祭った大社を持つ鹿嶋など。
 『  ソ  ロ  モ  ン  』      北 川  吏
 
『小説茨城』は企業の広告によって運営されております。トップページ下の各店舗にも是非お立ち寄りください。

大型船
 横っ腹に木の板が二枚張りつけてある。一枚には紅、青などの宝石のネツクレスが束ねられてぶら下げてある。一枚には黄金。銀などの糸が束ねられてぶら下げてある。
背後には白亜の神殿
船の中にはソロモン、侍従長,博士たち、奴隷などが乗っている


ソロモン  わしはイスラエルの民のために神殿を作った。ここで祈りをささげれば悪人は悪を許され、善人はささやかな幸せのときを過ごせるだろう。そしてわしは壁に金粉で十二の牛の絵を描いた。さらに壁には、金のツボ、十能、肉刺しがぶら下げてある。
また、輝く宝石と契約書をいれた契約の箱を置くものとする。まばやくきらめく宝石こそこの華麗なる神殿にふさわしい。貴婦人胸に似合うダイヤモンド、青をイメージする慈愛、貞操、誠実の宝石サファイア、熱情、純愛を現した血のように赤いルビーなど。
おお、船出のときは来た。
 見よ、この神殿を照らす星々たちを。牡羊座、牡牛座、獅子座、乙女座、天秤座、山羊座。

伝令 申し上げます。わがイスラエル軍は宇宙からの侵略者ETの死体を解剖し、強みや弱み、宇宙で活動できる秘密などを調べようとしておりますが、これをレバロンが奪おうとしております。
ソロモン まことか。ETの秘密が解き明かされそれが知的財産になればわしがイスラエルにつくろうとしておる大都市はそれを応用してたやすくなすことができるはずじゃ。
伝令 牧場で、牛が何頭も血を一滴も残らず抜き取られたり、サトウキビ畑で、巨大な幾何学模様を描くように刈り取られていたりしておるようです。
それに空中戦に必要な航空機を作るたとき必要な動力源にETがのっていた墜落したUFOですがわがイスラエル軍が確保してあります。しかし、レバロンが奪おうとしております。
ソロモン 分かった。さがってゆるゆると休め・

伝令奥に消える。

侍従長 シバロンてはUFOの中に女性を送り込んだそうです。宇宙人とセックスし子供
を作ろうとしているようでございます
ソロモン ふーむ

第二の伝令はいってくる 

第二の伝令 申し上げます。
ソロモン なんじゃ。
第二の伝令 はっ。いまレバロンと戦の真っ最中ですが、パロ将軍は第五連隊、第六連隊は正面からつつかせ、第四連隊、第七連隊に援護させているようであります。
ソロモン どうだ、わが軍は。
第二の伝令 はつ、わが軍は志気が高こうござりまして、切られても自分の臓物をつかみだし、敵に投げつけ志気をなえさせております。
ソロモン して城はどうじゃ。落ちそうか。
第二の伝令 はつ、わが軍が城壁に縄梯子をかけて登ろうとすると、熱湯をかけて上がらせまいとしております。やけどをおって縄梯子から転落するものがたくさんおります。
ソロモン では、水は豊富なのじゃな。
第二の伝令 はっ、そうでもないのですが、詳しくは城内に放っておいたスパイが情報を持ってくるはずでございます。
ソロモン そうか、さがってゆるゆるとゆすめ
第二の伝令 はっ。

第二の伝令奥に消える。 

スパイ 申し上げます。
ソロモン おお、スパイか。おぬしの後ろに並んでいる全裸の女はなんじゃ。白いクネクネした肢体で。
スパイ こちらの殿に差し出すべく、催眠術をかけて連れてまいりました。
ソロモン よく門が出られたな。
スパイ ひごろ鼻薬をかがせておりますれば。それに食料がはぶけると喜んでおります。
ソロモン それはありがたい。女がおらず、兵士たちも欲求不満になっておった。して食料、水はあるか。
スパイ はつ、思いのほかございます。パロ将軍は水攻めすると言っておりました。
ソロモン 水攻め。
スパイ 川の水を堀に流し込み浮き城とするようでございます。さいわい土木人足を経験した者がたくさんおりますれば。
ソロモン それでは勝利の女神はわしにほほ笑んでいるのだな。
スパイ ははっ
スパイ そうかそうか。ははははは。
 
2002 (C) Copyright by Office21. All rights reserved.