小説の茨城  茨城をテーマまたは舞台にした小説集です。小説
 の舞台は、霊峰筑波、徳川光圀公の本拠であった
 水戸、東国の武神を祭った大社を持つ鹿嶋など。
 モ ミ の 冒 険   赤 田 大 波
 
ニューヨークのロックフェラーセンターは、各国の旗をなびかせる高層ビルのあいだにボッカリ
とあいたというか、地下を四角に切り取ったような場所が印象的で、いつもは、若者たちがロー
ラースケートをして遊んでいる。もうじきクリスマスなので、有名な、巨大なクリスマスツリー
がたてられていた。
 あるユダヤの長者が、ロックフェラーのオフィスにやってきて、秘書をとおして面談を申し込
んだ。彼はたまたま空いていて会ってくれることになった。
「突然でてきて会ってもらい恐縮です。こういう者です」
 差し出された名刺にはフルートブランコとあった。全米で有名な企業家である。
「フルートブランコさんでしたか。気が付かずにすみません。ところで゛ご用件は」
「じつは、クリスマスツリーのモミの木に飾る、プラスティック製の、本物を真似た、モミとい
う熱帯魚なんですがね、これはバプアニューギニアの長老に聞いたら、不老不死の霊薬になると
か。モルジブか日本の大洗海岸しかいないといいます。今、あるドデカイ事業を構想中で、あな
たに出資してもらいたい。そのお礼にモミをプレゼントしたい」
ここは茨城県の大洗海岸。フルートブランコの手配したダイバーがモミを探しに水中に飛び込ん
飛び込んでみると、海の底は、まるでハイビジョンのテレビを見ているようで鮮やか。紫色をし
た石の上には、白いテーブルサンゴの団地。窓窓からは紺色やピンクのいそぎんちやくが顔を出
す。
モミの集団が遠くを行く、ラッキーにももう出会えた、とダイバーは思ったところが、恐ろしい
ものが遠くからやってきた。
さめである。2匹いた。見つかる、そう思いながらとっさにサンゴの陰に隠れた。1匹のほうが
尾びれ付近から血を流し始めた。サンゴででもひっかいたのだろう。1匹が、おいしそうなにお
いにちかずいて逝き、横腹をガブリとかんだ。かまれたほうもそのまま射るわけではなく、さめ
同士のけんかとなった。
またもや深く潜り、辺りは真っ暗となった。
背中のほうから、ボーッと明かりがさした。ありがたかった。しかし後ろを見ると、巨大なチョ
ウチンアンコウがいた.鋭い歯で今にもかみ殺されそうである。しかし、ちょうちんをナイフで
破ると、びりびり体を痙攣させ、感電死してしまった。
ビンクのふわふわしたくラゲの集団にぶっ使った。刺されると一命を落としかねない。何せ大き
いのだから。いいことを思いついた。風船みたいなものだから、携帯しているこれまたナイフで、
頭に穴を開けた。すると、シューと、しぼんでしまった。
これならいけるぞ、と、この場は切り抜けた。
しばらく泳いでいるとやっとモミの集団に出会えた。ところが、体に異常事態が発生した。何か
にのみのみこまれたような振動を感じる。
鯨のおなかの中だ。おなかの中はプールみたいで、あっちへ吹き飛ばされ、こっちへ吹き飛ばさ
れ、超強烈な船酔いのようである。そうだこの次、鯨がえさを飲み込むとき、空いた口のスキマ
から逃出そう、そう思った。それで、それはうまくいったのだった。
モミたちもなんだろうと思って覗き込んでいた。良心には恥じるが、その中の一匹を掴みとり、
アーメンといって、バッグの中に入れた。
 
2002 (C) Copyright by Office21. All rights reserved.